ぜひ知っておきたい!人気のクレジットカードブランド

国際ブランドの中でも人気の3大ブランド

クレジットカードの国際ブランドにはVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners Clubの5つがあります。その中でも日本で人気高いのがVISA、MasterCard、JCBであり、3大ブランドとして定着しています。加盟店舗数やユーザー数の上ではこの中でもVISAとMasterCardが突出しており、世界で使うのには使い勝手の良いものです。一方、JCBは日本のブランドでもあるため国内での利用についてはVISAやMasterCardに劣らないシェアを持っています。そのため、海外利用の目的でなければJCBも良いカードブランドと言えるでしょう。 ややシェアが小さいJCBを利用するメリットとして、3大ブランドの中で唯一T&Eカードブランドである点です。これはクレジットカードとして決済機能に加えて、旅行先におけるサービスを充実させているサービス重視のブランドであり、旅行の際に役立つことが多いのです。

2大国際ブランドの比較

VISAとMasterCardを2代国際ブランドという場合もあります。ユーザー数という点ではVISAが勝っていますが、サービス内容に関してみると甲乙付け難いというのが実態です。VISAの加盟店舗ではMasterCardにも加盟しているのが通常であり、その逆もまた然りです。そのため、ユーザーとしての使い勝手では両者にほとんど違いがないのです。 2大国際ブランドの違いを生む点にはその優待サービスの違いがあります。それぞれが異なるホテルやレストラン、免税店、アミューズメント施設等と提携して優待サービスを提供しており、海外旅行で観光地やリゾート地に行く際には優待価格で利用できる可能性があります。優待サービスも世界各地を対象にして行われているため、その中から自分が利用しそうなサービスを行っているカードブランドを選ぶのが良いでしょう。ただし、そういったサービスの面を重視するのならJCBのようなT&Eカードブランドを選択した方が良い場合もありますので、クレジットカードに何を求めるかを考えることが大切です。