どうやるの?クレジットカードの作り方

申し込み方法には3種類ある

クレジットカードを持ちたいけど、作り方がわからない、という人も多いでしょう。 クレジットカードの造り方には、インターネットからの申し込み、郵送申し込み、窓口申し込みがありますが、申し込み方法によって審査結果が変わることはないので安心してください。一番手軽でお得なのは、インターネットからのオンライン申し込みでしょう。オンライン申し込みでは、限定のキャンペーンを行っていることが多く、キャンペーンによるポイントが付いたり、審査が通りやすくなるケースもあるようです。 郵送申し込みは、様々な場所に置いてある申込書に必要事項を記入して郵便ポストに投函するという方法です。ただ、オンラインに比べてキャンペーンなどが行われていることはないので、お得ではありませんし、郵便事故などで届かなかったり、悪用される恐れもあります。 店頭申し込みは店舗や商業施設などで行われていますが、キャンペーンなどが行われていますし、担当者がいるので申し込みについて詳しく聞くことができるというメリットがあります。

クレジットカードの申し込みの流れ

クレジットカードの申し込みをする際は、住所と氏名、年齢、カードで使用した料金の引き落としをする銀行口座の番号と銀行届け印、運転免許所やパスポート、住民票の写し、健康保険証などの身分証明書が必要となります。未成年の場合は、保護者の同意書も必要です。 インターネット上の申し込みフォームや申込書に必要事項を記入してカード会社に送ると審査が行われます。場合によっては勤務先などに本当にその勤務先に所属しているのかどうか、所在確認の電話がかかってくることがありますが、カード会社の担当者は、匿名で電話するので周囲に知られることはありません。審査では、過去のクレジットカードや無担保ローンの返済状況や職業、年収、持ち家の有無、家族などの情報を元に総合的に考慮して決定されます。審査で何も問題がなければ、申し込みから1週間ほどでクレジットカードが手元に郵送されてきますが、受け取りの際は本人確認書類が必要となります。